flute-flute.net

フルートの基本から大切なことまで

音程(ピッチ)を決める要素2

calendar

スポンサーリンク

音程(ピッチ)を決める要素2

音程(ピッチ)を決める要素はたった二つ

「歌口の向こう側に当たる息のスピード」
「息が当たるエッジとアパチュアの距離」

 

この物理的条件で音程(ピッチ)は決まります。

名人から初心者まで、これは誰でも同じです。

この物理的条件を正しく創り上げることが、「練習」です

 

音は感覚的なもの、という捉え方は、ある意味正しいです。

でも、音は、物理的現象です。

どんなに「気持ち」を込めても、
どんなに「願い」を込めても、

息が速すぎるなら、音程(ピッチ)は高くなります。
息が遅すぎるのなら、音程(ピッチ)は低くなります。

アパチュアとエッジの距離が遠すぎると、音程(ピッチ)は高くなります。
距離が近すぎると、音程(ピッチ)は低くなります。

フルートを吹いたことのない人でも、
息が正しいスピードなら、音程(ピッチ)は、正しく響きます。
アパチュアとエッジが正しい距離ならば、音程(ピッチ)は、正しく響きます。

フルートをたくさん練習してきた時間もは大切。

上達を願う気持ちの強さも大切。

でも、物理的な条件を整えることがより大切です。

冷静な目で、自分の奏法を確認してみましょう。

それが美しい音、上達への近道です。

この記事をシェアする

folder 姿勢

身体の使い方
構え方
上手な持ち方
more...

folder ヴィブラート

ヴィブラートのかけ方
more...

folder タンギング

タンギング
more...

folder 暗譜

暗譜について
more...

folder 楽器について

管の厚みと音色の関係
Eメカニズム
ドローンとソルダード
more...

folder フルートメーカー

フルートメーカー3
フルートメーカー2
フルートメーカー1
more...